東京ボード工業株式会社

お問合せ

リサイクル

リサイクル
木質廃棄物受入
処理フロー

 

木質廃棄物の再生フロー

 

木質廃棄物搬入: 分別排出された様々な木質廃棄物が搬入されます。
搬入方法は、運搬部門ティー・ビー・ロジスティックスによる回収と、お客様によるお持ち込みがあります。

破砕機投入前選別: そのままマテリアルリサイクルできる木質廃棄物か、カスケードリサイクルしなければならない木質廃棄物かを目視にて確認。
作業員又は、重機による選別を行います。
一次破砕:2軸式破砕機により、木質廃棄物を30センチ前後の大きさに粗破砕します。

二次破砕:ハンマーシュレッダーにより、5センチ程度の大きさに破砕します。

磁力選別:くぎ、番線など鉄製金属を磁力で除去します。

金属検知器:ステンレス、銅、アルミなどの非鉄金属をセンサーで検知して除去します。

風力選別:風力による比重選別でコンクリートガラや石ころ、紙、ビニールなどを除去します。

切削:高速回転刃の切削機で2〜3ミリの木材チップに切削します。

乾燥:ロータリーキルンドライヤーで含水率を3%まで乾燥させます。

ふるいわけ:表層部分と芯層部分で使う2種類の大きさの木材チップに分級するため、メッシュによるふるい分けをします。

接着剤塗布:木材チップに接着剤を塗布します。

成型:機械的な投出法と、水平気流による風選法で散布し成型します。

熱圧:熱と圧力で規定の厚さと強度を得ます。

冷却、養生:品質を安定させるために、96時間の養生時間を設けます。

研磨、調整:JIS規格にそって厚さをそろえるため、表面を研磨し調整をします。

切断:大きなサイズから定尺サイズに切断します。

出荷:それぞれの納品先へ出荷。
 

 

 

TEL:03-3522-4138 FAX:03-3522-4137

 

HOME会社案内リサイクル製品案内環境への取り組みIR情報お問合せ